昨年末の日本の家計金融資産が10年ぶりに前年割れとなりました。

こんにちは! 昨日のダウ工業株30種平均は -26.72ドルの25887.38ドル、ナスダック総合指数は+9.47の7723.95ポイント、S&P500種指数は-0.27の2832.57ポイントと20日に米連邦公開市場委員会(FOMC)の結果が明らかになるのを前に小幅な値動きとなりました。 また、「中国が米国の要求に抵抗していると懸念している」という報道が流れたことで、交渉が進んでいるとの期待で…

今後の相場転換を考えて、ポートフォリオの再点検をしてみます

こんにちは ! 今年になって好調な市場環境が続いており、つい投資に楽観的になってしまいそうですが油断大敵です。 むしろこれからが最も難しい時期になるような気がします。 その理由は、外部環境の悪化とやはり急激な株価の上昇です。 年初来のS&P500種指数の月ごとの上昇日と下落日を纏めてみました。 1月 上昇日 15日  下落日 6日 2月  〃  12日   〃   7日 3月  〃   5日  …

久しぶりに新規の買付をしました。

こんにちは! 3月もちょうど半分が過ぎました。 15日のマーケットも、米中貿易協議が合意に向けて進展しているとの見方が強まったことや、半導体関連株を中心としたハイテク株が上昇したことが相場を押し上げ、今週一週間の上げ幅はダウ平均が+398.63ドル、ナスダックは+280.39ポイントの7688.53、S&P500指数は+79.41ポイントの2822.48と2800越えを維持しています。 昨日のマ…

今の株価は「期待」あるいは「実態」・・・どちら ?

こんにちは! 昨日のニューヨーク市場は、米耐久財受注額が3カ月連続で増加し、減少を見込んでいた市場予想に反して改善したことやハイテク株への強気見通しに支えられて続伸しました。 ダウ平均は場中220ドル上昇をつけた場面もありましたが、トランプ大統領がボーイングの主力機「737MAX」の運航を停止すると表明したことで上げ幅を縮小しました。 ナスダック総合株価指数は、米中の主力ハイテク株で構成する「N…

EU離脱問題等、不確実性指数が高くなってきました !

こんにちは! 3月は初旬に経済統計や、年明け後の株価上昇の利益確定などで5日間の続落がありましたが、今週に入りエチオピア航空が運航していたボーイングの新型小型機の墜落事故など株価の下押し要因もありますが、今のところ堅調な動きに戻りつつあります。 ダウ工業株30種平均は ▲96.22ドルの25554.66ドル、ナスダック総合指数は+32.97の7591.03ポイント、S&P500種指数は+8.32…

3月後半以降は、CFD取引でリスクヘッジを・・・・・・・・・

 おはようございます !    昨日は、死者・行方不明者が1万8千人を超えた東日本大震災の発生からの8年目を迎えて 東北各地では追悼行事が営まれました。 私も、地震発生時刻の午後2時46分、東京都千代田区の国立劇場で行われた政府主催の追悼式の中継映像が大型モニターて見ながら妻とともに黙とうを捧げました。 3月に入り、株価は年初からの上昇一服と、経済指標の悪化を受けて1日の上昇以降は5日間連続下落…

さえない相場の中で唯一、人気化した銘柄群がこれ・・・・・公益セクター

こんにちは ! 昨日の米株式相場は5日続落となりました。 ダウ工業株30種平均は▲22.99ドルの25450.24ドル、ナスダック総合指数は▲13.32の7408.14ポイント、S&P500種指数は▲5.86の2743.07ポイントと3指数そろっての5日連続の下落となりました。 取引開始直後に、ダウ平均は200ドルを超える下げ、ナスダックも80ポイントほどの下げになっており、「こりゃ、今夜もダメ…

「アマゾン・エフェクト」が幻に アマゾン包囲網が・・・・・

こんにちは! 昨日の米株式相場は4日続落となりました。 欧州中央銀行(ECB)が利上げ開始の先送りを決め、19年のユーロ圏の経済成長率見通しを大幅に引き下げました。 それによって、世界景気の減速に対する警戒感が改めて広がり、市場心理を冷やしました。 昨日の市況と保有株動向です。 ダウ平均は今週に入って550ドルあまり下げ、3週ぶりの安値で終えています。 ナスダック、S&P500種指数ともに大幅下…

アメリカの貿易赤字拡大、更に世界経済の成長見通しも下方修正となりました。

こんにちは ! 昨日の米株式市場でダウ工業株30種平均は3日続落し、2月14日以来ほぼ3週ぶりの安値引けとなりました。 ダウ工業株30種平均は▲133.1717ドル安の25673.46ドル、ナスダック総合指数は▲70.44 の7505.92ポイント、S&P500種指数は▲18.20の2771.45ポイントと3指数そろって 大幅な続落となりました。 プロモーションリンク 昨日の市況結果と保有資産動…

中国成長率低迷は想定よりもずっと深刻なようです。

こんにちは! 5日の米株式市場でダウ工業株30種平均は小幅に続落し、前日比13ドル02セント(0.1%)安の2万5806ドル63セントで終えました。 その他のナスダック総合指数、S&P500種指数も併せて小幅に続落しました。 市況の詳細はこちら 昨日の相場のポイントとして 中国政府の経済成長率の目標引き下げを受けて、米中の貿易交渉を見極めたいとして買いが手控えられました。 特に、中国事業の高いボ…

米中合意より重要なもの・・・・「重要なのは経済だよ、愚か者め」

おはようございます !! 昨日のニューヨーク市場は大幅反落となりましたが、ハイテク比率が高いナスダック総合株価指数は比較的下げ幅は小さかったです。 市況と資産動向です ダウ工業株30種平均は▲206.67ドルの25819.65ドル、ナスダック総合指数は▲17.78の7577.57ポイント、S&P500種指数は▲10.88の2792.81ポイントと3指数そろって下落しました。 保有資産については、…

中国では全人代が5日から開幕、景気減速とこの国が抱える重大なリスクについて

おはようございます ! 3月の大きなテーマは米中貿易協議と、英国のEU離脱合意の二つですが、今回は昨年後半から景気対策に大きく舵を切った中国について探ってみました。 3月5日から中国では「全人代」が開催されます。 会期は10日間程度とみられ、米中貿易戦争への対応や国内経済の活性化などが焦点となります。 第12期全人代の議員数は2,987人。 各省・自治区・直轄市・特別行政区の代表および軍の代表か…